例えば雪が融け合うように

【最新刊】 5

著者カサイウカ

165円(税込)
出版社オークラ出版

あらすじ
「……お帰り、久我」
帰ってこなくても仕方ない。
諦めにも似た覚悟で待ち続る充のもとに、久我は約束通り帰ってきた。
会社の金が持ち逃げされた事件の
後始末を終え、
改めてストリップ劇場・黄金座の従業員となった久我。
そんな矢先、久々に黄金座を訪れたオーナーから今月をもっての閉館が告げられる。
どうにか三か月の猶予をもらい、
売り上げ増加を目指す黄金座メンバーだが、
同時に充には清算すべき過去と向
き合う時が迫っていた。
どん底バツイチ純情45歳
×元美少年45歳。
ふたりの関係は初恋の先へ――

ケルベロスバナー

</div